Skip to content →

『リズムから考えるJ-POP史』特設ページ

書影

こちらのページでは、私(imdkm)初の単著となる『リズムから考えるJ-POP史』の出版情報、イベント情報などを集約していきます。書籍の内容についての補足なども後々行うかもしれません(正誤表の公開など)。

I am going to publish my first book, 『リズムから考えるJ-POP史 Considering the History of J-POP Through “Rhythm”』, which is a collection of critical essays on J-POP. From Tetsuya Komuro’s dance pop to Hikaru Utada’s recent poly-rhythmic compositions, I examined how J-POP has diversified its rhythmical vocabularies over decades. Following musicians are discussed in the book: Tetsuya Komuro, MISIA, Hikaru Utada, m-flo, Yasutaka Nakata (from CAPSULE), Base Ball Bear, DOPING PANDA, KOHH, SCARS, S.L.A.C.K. (from PSG), Unison Square Garden, Sakanaction, Daichi Miura, and more.

基本情報

  • タイトル:リズムから考えるJ-POP史
  • 著者:imdkm(イミヂクモ)
  • 発売日:2019年10月3日(木)
  • 出版社:blueprint
  • 価格:1,800円+税
  • 仕様: 四六判・264頁
  • 全国書店、Amazonで予約可能。刊行記念イベントにて先行販売の予定もあり(後述)

目次

  • はじめに アジアンカルチャーの隆盛と日本 (ウェブ掲載版
  • 第一章 小室哲哉がリスナーに施した、BPM感覚と16ビートの“教育”(ウェブ掲載版
  • 第二章 90年代末の“ディーヴァ”ブームと和製R&Bの挑戦 (ウェブ掲載版
  • 第三章 m-floから考える、和製R&Bと日本語ヒップホップの合流地点 (ウェブ掲載版
  • 第四章 中田ヤスタカによる、“生活”に寄り添う現代版「家具の音楽」 (ウェブ掲載版
  • 第五章 Base Ball Bearから検証する、ロックにおける4つ打ちの原点 (ウェブ掲載版
  • 第六章 KOHHが雛形を生み出した、“トラップ以降”の譜割り (ウェブ掲載版
  • 第七章 動画の時代に音楽と“ミーム”をつなぐダンス (ウェブ掲載版
  • 第八章 “人間活動”以後の宇多田ヒカル (ウェブ掲載版
  • エピローグ 三浦大知と“J-POP”以後(書き下ろし)
  • おわりに(書き下ろし)
  • tofubeatsによる解説

以上、基本的にはほとんどの章をRealSoundにてすでに公開していますが、大幅に加筆、修正、論の補強などを行っています。「はじめに」なんかはだいぶ違います。

イベント情報

刊行記念トークイベント w/ tofubeats(於・渋谷ユーロライブ)

  • 開催日:9月25日(水)
  • 出演:tofubeats、imdkm
  • 会場:ユーロライブ 渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 2F
  • 開場19:00/開演19:30(21:00終演予定)
  • チケット(前売)1,500円/チケット(当日)2,000円
  • 前売チケットの購入はPeatix(要会員登録)、もしくはGoogleフォームから予約も可。
  • 会場では書籍の先行販売も予定しています。

刊行記念イベント ~J-POPのリズムを分析する〜 (於・CAVA BOOKS / 出町座フリースペース)

書店等でイベントなどをご検討の場合、ご相談はimdkm(ryohei.ito@gmail.com)まで。