Skip to content →

カテゴリー: Japanese

entries written in Japanese

3.14-15

3.14

[この日付は欠番だ]

3.15

 体温が浅いLFOがかかっているみたいに36.5~37.5のあいだをいったりきたりしていて、おおよそ36度台だがよくわからんタイミングで体温が上がる。体感的にはそんなにしんどくはない。もしかしておれってずっとこういう体調で過ごしてきたのだろうか? しばらく時間を決めて体温の推移を観察しておくか……。
 そんな感じなのでこの週末はほんとになんもせんと、アニラジ聴いて寝ていた。ずっとそうじゃないかと思われそうだが。
 サンプリングや引用やオマージュを「リスペクト」をたてに擁護する向きにはものすごく懐疑的だ。もちろん先人を踏まえることはリスペクトの表明でありうるが、それ以上に不遜で不敵な「書き換え」や「憑依」でもある。たとえばEric B & RakimがI Know You Got SoulでBobby Byrdのシャウト(おまえ、ソウルあるんだろ!)をフックで直にサンプリングするとき、リリックの内容を考えると、この”You”とは”I (=Rakim)”のことだ、と「本当は言ってないこと」をBobby Byrdに言わせている。

最近だとRapsodyのアルバムがこうしたリスペクトと同時に「言ってないことを言わせる」サンプリングのユニークな効果を駆使していて、SerenaではUncle Luke (2 Live Crew)のドシモネタを黒人女性へのエンパワメントの文脈にしれっと置き換える荒業をやってのけている。

あるいはTo Pimp A Butterflyで2pacのインタヴュー音源と架空の対話を演じてみせるKendrick Lamarを想起してもよいだろう。またリリックのレベルでの引用は、誰かの声を乗っ取っとると同時に、自分の声に誰かを憑依させることで、ラッパーという主体のアンビギュアスな性格(作者でもなければ透明な媒体でもない)を発揮する。リスペクトと同じ分量だけの不遜さがサンプリングや引用には常につきまとう。しかし仮にあるテクストやある録音物の「作者」を特権視しなければリスペクトと不遜さの境目すらなくなる。このダイナミズムこそ注目スべき点である。

Leave a Comment

3.13

3.13

 朝起きて父親に耳鼻科に連れて行ってもらう。待合で問診票書きながら熱測ったら37.6。だいぶ出てるが、なんでだ??? と混乱しながら診察されたが、おそらく気圧の関係で内耳がおかしくなってんだろうという話で終わる。熱、なんだろう。割と元気なのだが。家に帰って仕事して、ああ、これこそ熱出てきたね、と思って測ったら、36.8。平熱でやんの。もうわけがわからない。
 お昼に親子丼をつくって食べる。玉ねぎを焦がしてしまった。七味を入れたらよかった。などと思いながら完食。また仕事。原稿を2本あげる。とりあえず今日のタスクは最低限完了したのでぼんやりする。してしまう。
 夕方、King KruleのMan Alive!にいたく感動する。The Oozも結構好きだったけど今作はもっと聴き込めそう。こいつ歌が上手いぞ。ITZYのEPも素晴らしい出来だった、SOPHIE提供曲もいいが全部良い。

 あと、いよいよ本日リリースされたMoment Joon『Passport & Garcon』。1月4日の「(J)POP2020」では2020年代を担うだろうミュージシャンとしてMoment Joonを挙げたのだが、それは元日に公開されたTENO HIRAを受けてのものだった。あの曲ひとつだけでも(彼がものした小説やエッセイを含めて、というべきかもしれないが)「あなたは私と一緒に歌えるか、てのひらを見せてくれるか」とこちらに問いかけてくるシリアスさがあったが、『Passport & Garcon』のラストシーンとして鳴るTENO HIRAはまた異なる強さを獲得していたように思う。このアルバムはリスナーに、スカッとするパンチラインを抜粋してツイートするかわりに、より真摯にこの表現に、物語に向き合うことを(きわめて正当に!)求める。リスナーがこのアルバムをどう評価するかと同じくらい、それにどう応えるかも重要だ。

Leave a Comment

3.11-12

3.11

[この日付は欠番だ]

3.12

 生活上書くことは特にない。特にSNSで顕著だが別にろくにもの考えてるわけじゃないのに雰囲気にのっかって肩すくめたり呆れてみせたりする奴クソくだらねえと思うけどそれを言うと「おっ トーンポリシング野郎ですか? 怒りも尊い感情ですが?」みたいに冷ややかに見られるんだよね。キーワードマッチングかよくてパターン認識程度でしか文を読んでなさそうな人がもっともらしく「やれやれ、怒りをくさすタイプの冷笑の人か」と言うの(もっと現実的には「そっ閉じ」とか言う)、ぞっとする。恐ろしくなる。SNS上での認識の負荷を軽減するためには合理的な選択だろうが、いつしかそれが内面化されて自分のポジション確認のポール程度になっている。
 聴力に影響がある感じはしない(いまのところ聴き取れない帯域もないし、遠く聞こえる感じもない)のだが、耳抜きを失敗したときみたいな違和感がずっと続いていて、それがなんだか微熱と連動している気がする。「聴こえない」不安はないのだが「ゆくゆく聴こえなくなるのでは」という不安がある。父親にこのあたりの耳鼻科について聞いたら、通っている医院を教えてくれた。寒河江にあるというので若干遠そうなのだがいい医者らしい。

 洲崎西、2週分溜めてしまっていたのを聴く。関口理咲さん(デレマスの白雪千夜役)がぺっちゃんガチ勢で年末の「ご報告」にじゃっかん凹んだという話、笑った。じつは自分もあまりうまく立ち直っていない。「推し」の「結婚」というのは難しい。自分とはなんも関係ない人なのに。そういう好きじゃないと思ってたんだけどいろいろ複雑なんや。

Leave a Comment

3.9-10

3.9

 体調はずっと悪い。朝何時に起きたかな。忘れてしまった。読書も手につかず、まして書き物もとりかかれず、疲労困憊、満身創痍。せめて新譜だけでもチェックしようとNew Music FridayとRelease Radarを聴く。2月リリースのSega Bodegaのアルバムを聴いてなかったことに気づいてそっちも聴く。なんだか最近だれもかれもノスタルジーだなと思っていたところ、ちゃんと今の音に取り組んでいる人っているよな、当たり前だけど、と思って、しみじみ聴いた。内容はしみじみする感じでは必ずしもない。スウィートだがひりついた、ポップス。

 しかしきょうはなにかおかしいな、と思って熱を測ったら7.7ほどまで上がっていた。うげぇ。ここ2日くらい平熱だったから油断していたが……。その後、えいやっと寝込んでしまった。起きてまた測ると平熱に戻っていた。なんなんだか。
 さきごろのキャンペーンでWANのサポーターになったので上野千鶴子から署名入りのメッセージが届いた。赤い封筒で差出人に「上野千鶴子」とあるとなかなかビビる。当時は「えいやっ」と思ってちょこっとだけ寄付した(ほんとにちょこっと)が、他にも寄付できる先はあるかなぁ。たとえばトランスジェンダー支援の団体に小口で寄付できると嬉しいが。調べるか。

3.10

 朝は平熱、ぴんぴん(ただし体力はゼロ)で、まあやっていけるかなと思ったが、昼ごろには体温がまた7.7くらいまで上がっていて、無理したらよくなさそう、と思い午後を寝潰す。19時くらいに目が覚めて体温を測ると6.5くらいで問題なく、しかし昼寝しすぎたときにあるあるの、軽い脱水症状で倦怠感と頭痛があるやつになっていた。
 文藝別冊ケンドリック・ラマー、寄稿しており、目次とかは出ていないがきょうウェブ見たら書影が出ていた。文藝別冊でケンドリック・ラマーってのも凄いが、そこにおれがいるのはわけがわからない。『リズムから考えるJ-POP史』を読んで依頼してくださったといい、実際寄せた原稿もリズムというかフロウの話をしているのだが、どう読まれるのかわからない。しかし思えばおれはいつだって「これ、どう読まれるんだろう?」というのを不安に思いながら書いている。

Leave a Comment

3.8

 朝、ぐったりして起きる。また夜に咳き込んでいた。体力も落ちているし栄養も足りていない。肌の調子が悪い(ぼろぼろだよ)。とはいえ主な症状はもうほとんどない。もうちょっと安静にしたらぴんぴんだろう。
 6年続いた巽悠衣子と大橋彩香のあどりぶが終了とのことで非常に悲しい。

 はっちゃけたトークが売りの洲崎西とはライバルakaなかよし番組という立ち位置にありつつもオフビートだがどっかネジがぶっ飛んだようなトークが聴けて好きなラジオだった。最近超A&G+での配信終了~YouTube・ニコ動での隔週配信に移行したので寂しくなったものだと思っていたら終了。そうか~。
 体力の低下いちじるしく、いきおいメンタルの調子も落ちる。もうなんもやる気せんわ。
 日記になるべく考えていることを書いているのはなんだかもうすぐ死んでしまうのではないかとうっすら思っているからだ。たぶんもう大きな仕事をすることはできないだろうと思う。ひっそりと死んでいきたいが言いたいことは言っておきたい、テクストにしておきたい。この日記がおれ自身だとさえ思う。書いていることも書いていないことも含め。

Leave a Comment

3.7

 深夜にものすごい咳でほとんど眠れず疲弊する。ようやく朝方まとまって寝れて、起きるとすっと熱がひいている。測ってみるとみごとに平熱。なんならちょっと低い。結果一日このくらいで推移した。あと、痰も量が減ってきた。嚥下能力がおかしくなっているのか、自分の唾液でむせこむのが辛い。しかしだいぶ回復した……。

 Rina Sawayamaの新曲、ティンバとかネプ仕事っぽいポップスに突然ラウドなギター入りのフィルインが挿入されるストレンジさがヤバい。ここまでリリースしてきた新曲はどれもそんな感じだったな。かなり新譜が楽しみです。

 声優の青木志貴さんが自分の性自認やセクシュアリティについてカムアウトする動画。プライベートな思い出を辿りながらなるべくわかりやすく(自分と同じような境遇の人にも届いてほしいと思いつつ)語ろうとする。すごい辛い話も多いんだけど、性自認を優先して性転換手術をするか、声優としてキャラたちを預かって演じる仕事を優先するか、悩んで現状は後者を選んでいる、というくだりに泣いた。キャラたちと過ごすことを優先する、か。凄くないか。さらっと言ってはるけど。声優にとっての持ちキャラとは……となった。
 声優がセクシュアリティやジェンダーについて語るということ自体わりと珍しいことだと思う。百合好きとして知られる橘田いずみさんがレインボーパレードの日にパレードに言及しているのを見て「ああ、そういう意識もある人なんだ(本人のセクシュアリティは知らないが」と驚いた記憶がある。いや、あったとしても発信することが珍しいという話で。

Leave a Comment

3.4-6

3.4

[この日付は欠番だ]

3.5

 朝からめちゃくちゃ発熱。測ると37.5くらい。うーんまずい。咳やたんもひどい。親に泣きついて病院につれていってもらう。病院で問診票書きながら体温測ると38.6。完全にまずい。インフル検査をするも陰性。とりあえず抗生物質と解熱剤を出してもらって、数日様子を見て、仮に「痰は収まったが熱は続く」などの状況になったら新型コロナウイルスの窓口へ、とのこと。どうしたものか。
 いちにち、ぐったりとして過ごす。夜、出演予定だったイベントにキャンセルのお願いをし、直近の締め切り(1件だけでよかった)を無期延期にしてもらう。はぁ。コロナだったらやだなぁ。

3.6

 深夜に起きる。ものすごい熱。38度後半? だからまあまあって感じなんだけどあまりにもきつくてのたうちまわる。後頭部と首筋を冷やして、なんとか息が続くようになって、寝る……。
 7時ごろ起きたら熱はすっとひいていて、とはいえ37.0。うーん、微熱? このあとずーっと、37度台をうろつく。身体的なだるさはほぼなく、痰がからむ以外は活動できなくもない。しかし、食欲が落ちて身体的な疲労がものすごい。調子悪くてだるいっていうより端的に疲れている。咳しすぎでちょっと腹筋痛いし。
 Lorenzo Senniが新曲出してて、非常に良い。おれは2010年代もっとも重要だったのってLorenzo Senniではと勝手に思っている(あとJlin)。「XAllegroX」は名曲。アンセムです。

Leave a Comment

3.3

 6時くらいに起きる。体調は上々。朝イチですげぇ痰が絡んでいたが、お水飲んでうがいしたらすっきり。換気もする。
 現代思想2020年3月臨時増刊号 総特集=フェミニズムの現在をちらっと読む。
 関根麻理恵「「ギャル( 文化)」と「正義」と「エンパワメント」『GALS!』に憧れたすべての「ギャル」へ」興味深い。ここで論じられるのは女性のエンパワメントの象徴としての「ギャル」だが、もう一方で昨今の「ギャル」表象には興味深い点がほかにもある。おたくってなんでギャル好きなのか、ということ。前にも書いたような気がするけれど、それは、「教室」をひとつの単位とする社会に対する異物であるからだと思う。ある種のフィクションにおいてギャルは「スクールカースト」を超越した存在であり、それゆえに「カースト」間のヒエラルキーを無視して「カースト下位の私」にも平等に接してくれるのではないか、という期待が投影される。ギャルはストリートに生き、教室を縄張りとはしない。ヤンキーや不良にもおおよそ似たようなことが言えるだろうが、しかししばしば不良が学校をおのれの縄張りとすることから、ストリートという外部とは異質かもしれない。「教室」の外側にはこの閉塞を打ち破る世界が待っているのではないか(そこでは自分も「対等」に扱われるのではないか)という期待が「ギャル」を聖母にする。この観点からすると「不良が子犬に優しくする」のギャップのありかも単に「やさしい一面もある」に限らない展開ができそうな気がする。つまり、「教室」の外側では、人はまた別の役割を演じだす、ということだ。
 鈴木みのり「(トランス)女性の生活の中の音楽 ジャネット・ジャクソン再考」では、宇多田ヒカル、ジャネット・ジャクソン、アリーヤ、ケリスといったシンガーの歌声とリリックが自らの個人史と重ね合わせながら論じられる。論と呼んでしまうのは、それはそれで少し暴力的かもしれないが。というのは、テーゼとその立証を明晰に積み重ねるのではなく、むしろ、経験をたぐりよせて言葉として編み直すプロセス自体がこの文章の核になっていると思うからだ。トピックがずれながら少しずつ重なっていくことで浮かび上がるのは個人の生であり、「ジェンダーとセクシュアリティを含め、生活する身体そのものを通して編まれた言葉を、どう記録し、異なる誰かのために残していけるのだろう」という本文中の問いにそのまま答えるような文章になっている。一方で、ジャネットや宇多田の楽曲やサウンドに対する評はきわめて鮮やかでもある。ひとつのことを遂行しながら複数の種を蒔くような文章だと思う。

Leave a Comment

3.2

 7時くらいに起きる。なんだか熱っぽい気がする。ちょっと不安になる。もんもんとしつつ、手指消毒してマスクし、ドラッグストアが開くのを待ってイソジンと体温計を買いに行く。そしたら、トイレットペーパーとティッシュを買う人がレジに長蛇の列をつくっていた。平日の朝イチからこれか~、とちょっとくたびれてしまった。買うもの買って、スーパーで食べ物も買って、せっかくなので、とドライブスルーでマクドを買って帰る。
 家に着いて、マクド食べたあと、体温測る。平熱だ。ちょっとほっとする。でも、体力が落ちているのを感じるので、なるべく安静に、ゆっくり過ごす。部屋の空気が淀んでいる気がしたので換気。寒いけど、清々しい。
 原稿をする。が、どうも身が入らない。書きはじめるだけ書きはじめ、分量の感覚をつかむ。おそらく書ききれるはず。問題ない。
 やっぱり気分がのらなくて、昼過ぎから、ちょっと寝る。ライナーノーツの仕事、これまでも結構してるのだが、あまり読まれている実感というのがない。本ならちょっとは感想が出るしウェブならシェアとかの指標がある。でもライナーは「売上=読まれている」とは限らない。どれも、それなりに、力を入れているのだけれど。
 夜、こないだ買っておいた段ボール箱を組み立てて、本棚のいらない本や資料をまとめだす。『リズムから考えるJ-POP史』のために、また次の連載のために本や雑誌がとにかく増えている。もとより本はそこそこ買っているから際限ない。やはり、ドキュメントスキャナを買って、雑誌記事などは電子化しておこうか。
 ぐっ……と眠気がきて、寝る。

Leave a Comment

3.1

 朝、7時位に起きるが、すぐ寝る。寝て、また起きる。何時だか記憶がさだかではない。ここ数日の疲労からか、うっすらここちよいような倦怠感につつまれていて、しかしここで仕事にとりかかるといつも体調が悪いのと良いのとのびみょうな境目にいつづけるはめになるから、きょうも一日いっそ寝込んでしまうことにした。そう決めてしまうと楽なものでいまはもう16時。なにも覚えていやしない。眠るのに疲れたらTwitterしたりメールチェックしたりする。適切な休息はとても気疲れするものだ。
 筋トレについて考える。自分は筋トレをするつもりはあんまりない。健康のためにやったほうがいいかなと思うけれど。筋トレで気になるのはその健康にまつわる側面ではなくて、ここ数年自己啓発的なニュアンスとともに流行していることだ。その理由は、特に男性について言えば、自分の身体を意識するための、自分の身体をまなざすための、自分の身体を気遣うための口実なのではないか、と思う。
 男性ホモソーシャルにおける男性の身体はしばしば透明化される。他人の身体をことさらまなざすこともなければおのれもおのれをまなざすことはない。たとえあるとしてもコンペティティヴなまなざしであり、身体を身体として、「より強い」や「よりデカい」の意識なしにまなざすことはないのではないか。
 セルフケアの口実としての筋トレ。男性においていわば「合法的」に自分を気にかけるための法の抜け穴として筋トレはある。その枠内であれば他の男の身体について語ることもできるしなんなら褒め称えることもできる。
 サウナもそういう面が若干ありそうだ。「整う」快楽に男女差があるのかどうかは知らないが、少なくとも自分の身体に起こっている現象に注意を払う機会がサウナのなかにはある。別にサウナのなかでなくったって自分になにが起こっているかケアしてもいいはずなのだが、それを「道」とすることによってまた「脱法」の操作が行われる。
 糖質制限もそうだろう。抽象的な「栄養バランスに気を配る」とは違うなにかを糖質制限は持っている。ある目標(望ましい均整の取れた身体、という)への求道的なアティチュード。
 まあ、どれもべつに悪だとは思わない。しかし筋トレやサウナや糖質制限という脱法的ルートによってではなく自己へのまなざしを抑圧する規範その自体への拒絶として自分の身体を気にかけることはできないものだろうかと思う。
 こうしたメソッド化されたセルフケアはネオリベ的良い生活(RadioheadのFitter, Happierが風刺したような)にも近接する。そこもなんかやだ。しかしセルフネグレクトを選ぶのもまた違う。そうではない方法で自分の身体と向き合う術がほしい。気がする。なんだかまとまらない。
 「新潮」2020年3月号が届く。磯部涼「令和元年のテロリズム」、これが磯部さんのしごとのなかでどのように位置づけられるのか(未来からかえりみて)と思う。つづていくうちにカルチャー的含意が深まっていくのではないかという気がする。鈴木みのり「わたしの声の複数――トランスジェンダー女性の生/性の可能性を探って」、これを読みたくて買ったようなものである。こういう読まれ方は好まれない気もするが、制作と実践(上演)が不可分になる演劇が「生/性の可能性」の探求のキーになっている点が興味深かった。
 「わたしの声の複数」では最後に「遅さ」というキーワードが出てくる。「遅さ」とは反物語的なものだと自分は思う。物語とは出来事に秩序を与えるあらゆる原理であるとしておこう。序破急も起承転結もつまり出来事を系列化し秩序を与えるものだ。ロジカルな展開というのもこの意味では物語である。AしたらBした、という因果関係は、最小の物語である。
 物語は早い。どれほど長大で込み入った物語であろうと、それが物語である限りは早い。一方で反物語的なものは、秩序付けられず、複数のベクトルが同時に動き出す故に互いにその速度が相殺され、潜在的な運動量はきわめて大きいにもかかわらず、総体としての速度はきわめて遅い。そういう漠然とした図を頭のなかに浮かべる。仮に「私」のなかにそうした複数の異なるベクトルを見出すのであれば自ずとそれは「遅く」なる。というか、速度を問題化すること自体に懐疑がつきつけられる。

Leave a Comment