Skip to content →

カテゴリー: Japanese

entries written in Japanese

お蔵にしていた宇多田ヒカル「Time」評をおいておく

 RealSoundで宇多田ヒカル「Time」評書いたんですが、解禁前の情報をがっつり入れすぎててこれは掲載できねえじゃんと思ってこちらから取り下げてリライトしてたんですよね。リリースもされたことだし結構がんばったのになんかもったいないのでここにおいておきます。仮に怒られたら消しますが……

***

 宇多田ヒカルが新曲「Time」のリリースを発表した。現在、2020年5月8日の配信開始に先駆け、YouTubeでワンコーラスのみ視聴することができる。日本テレビ系日曜ドラマ「美食探偵 明智五郎」の主題歌であり、2019年1月リリースの「Face My Fears」以来となる新曲だ。資料によると、作詞作曲は宇多田、プロデュースには宇多田に加えて小袋成彬もクレジットされている。

 「Time」はきつめのオートチューンのかかったハミングとエレピから始まる。追って入ってくるビートはやや変則的で、4拍目のバックビートを少しずらしたり、ハイハットやシェイカーなどのパーカッションを点で配置して独特のニュアンスを出している。リズムやメインのコードを奏でるシンセのサウンドは意外なほどそっけなく、シンプルだ。あまり味付けをしすぎずに、シンセの味をぽんと出したような潔さだと思う。

 そもそもこの曲、音数自体ごく少ない。一聴すると、デモを少しブラッシュアップしたかのような、すごく控えめで素直なアレンジに感じられる。そのぶん、ビートの細部や、バッキングを含めた宇多田のヴォーカルのニュアンスに注意が向く。

 たとえば、スネアが16分音符ひとつぶん後ろにずれることで、ビート全体にぐっとタメが生まれ、すこし粘っこさが生まれる。そうしたリズムと絡み合う宇多田のヴォーカルにも、少し粘ったようなうねりが感じられる。とはいえ、ビートはスクウェアな打ち込みであるのに対して、ヴォーカルがつくりだすリズムは自在に伸縮する。ビートが細かな点を鋭く打っていくのに対して、ヴォーカルは濃淡を変えながら描かれる線のようだ。

 具体的には、「キスとその少しだけ先まで/いったこともあったけど/恋愛なんかの枠に収まる二人じゃないのよ」の「いったこと〈も〉」の置き方、メロディを逸脱して半分語りのようにリズムに収められる「恋愛なんかの枠に収まる二人じゃないのよ」の自在さ。コンポーズされたリズムと崩しのバランスの洗練は、人間活動以降の諸作、とりわけ『初恋』で極まったように思う(拙著『リズムから考えるJ-POP史』で『初恋』に一章割いたのはまさにその点からだ)。「Time」はプロダクションの観点から言えば『初恋』よりもぐっとシンプルで、なんなら親密ささえ嗅ぎ取ることもできるが、変わらぬリズム処理の巧みさを存分に発揮している。

 しかし一番の聞き所だと思うのは終盤の展開だ。といっても目覚ましいビートスイッチやエフェクトがあるわけでもないし、物語が急展開するわけでもない。

 終盤、落ちサビ的にビートレスなパートが登場し、そこから再び戻ってくると、変則的だったスネアがバックビートに素直に収まるようになる。そこまで、はっきりと言い表せない微妙な関係性や感情を綴ってきた言葉が少し調子を変える。一番わかりやすいのは、そこまで「時を戻す呪文」を胸に携えていた語り手が、「戻すことができない時間」をポジティヴに捉えなおしているかのような内容の転換だ。

 しかし、律儀にバックビートを鳴らすスネアと、これまた律儀にリズムにおさまるヴォーカルには、妙なよそよそしさが漂っているように思う。自分に言い聞かせているようでも、「君」に語りかけているようでもあるが、どこか同じ沼に引き込んでしまおうとでもしているかのような不穏さがある。

 そう考えると、「時を戻す呪文を君にあげよう」という一見ポジティヴな贈与にも思える一節は、同じ「たら、れば」の呪いに相手を巻き込んでしまおうという意思の表明のようでもある。

 しかし、「恋愛なんかの枠」では説明しきれない関係性を無理に枠に収め、あるいは解消してしまうよりも、語り手のこの言葉はよほど切実で生々しく感じられる。個の感情や、個と個が結ぶ固有の関係性に忠実たろうとするこの語り手はある意味で誠実かつラディカルなのかもしれない。

 思えば『初恋』は、たとえば表題曲に典型的なように、ロマンティック・ラヴへ傾倒しているようでいて、どこか典型的なロマンスなどにはおさまりきらないいびつな剰余をはしばしに見せていた。「Time」を聴き込みながらふと『初恋』を聴き返すと、なんとなくこのアルバムに感じていたわだかまりがほどけるようだった。

 宇多田は「Time」に加えてサントリー天然水のCM曲として「誰にも言わない」を発表したところだ。リリースは5月29日を予定しているという。立て続けの新曲リリースにいっそうの期待が高まる。

Leave a Comment

4.6-4.7

4.6

 寝直して、6時くらいに起きる。
 …って、ここまで書いて終わってるな。実質欠番です。思い出せる限りで書くと、スーパーに行った、「シスターシティーズ」受取損ねて注文キャンセル扱いになりマジ凹み→メルカリで購入、原稿依頼が来る、など。原稿依頼を断りそうになってしまったのだが、単に最近の世の中にあまりに絶望してメンタルがやられきっているために仕事ができなくなっていたことに気づいた。物理的に無理(図書館あいてなくて仕事しようがない、とか)な状況が多く凹んでいたが、これはできます、といってひとつ案件を受ける。
 夕方にばったり寝てしまい、深夜に起きる。またこれか~と思いつつ、寝直す。

4.7

 朝からひどい頭痛。もう、一日だめだった。夕方にぐったりしながら起き出して、CDを収納する棚をすのこから取り出した端材とグルーガンでちゃちゃっとつくる。意外と強度が出たのでCDをのせるくらいならよかろう。
 頭痛で動く気になれなかった日中は、頭が起きているあいだニコ動でちよなぴ競馬塾の気になるゲスト回をたらたら見ていた。無料でも見れるアーカイヴがあって助かる(入会しようかな。競馬に興味が出てきた)。
 きのう受けた案件について、実は機材環境的に厳しいところがいくつかあって、「こういうふうにしたらいけますけど」というのを提案していたのだが、それをふまえてお返事が来ていた。まあいろいろ、プランAからBからCからくらいの感じで、遠慮なく提案している(前に原稿依頼されたときにけっこう自由に提案させてもらえた記憶があり)。できるといいな。
 もはや国がどうこうとか、書く気にもならない。しかし最近気がかりなのは閣僚とか議員が感染していないのかだ。ボリス・ジョンソンもICUに運び込まれたというし。。。議員は高齢で、男性が多い(日本!)ので、感染・重症化のリスクが高いのでは。いくら安倍はやめろと思っても感染したら洒落にならん。しかしそうした最悪なジョークみたいな事態がほんとに起こってしまうのが昨今だ。。。
 虎の子のReface CSをメルカリに出品した。もうほかの機材も軒並み売り払ってしまってよいか、という気持ちになっている。PCで完結すればいいし。。。Thinkpadの修理代は47,000円だという。いや、ぎり払えますが、ふつうに厳しい。Reface CSが売れてくれたら楽になる。

Leave a Comment

4.4-4.5

4.4

[この日付は欠番だ]

4.5

 きのう、19時過ぎに限界がきて寝てしまった。念の為「ネルノダ」を飲んだ。たしかにすっきりと目覚めたが、0時過ぎ。5時間も寝ていない。すっきり感は活動しているとすぐに消えていく。ほんとうは8時間くらい、ぐっすり寝たいのだ。とにかくこの睡眠不足は日中の行動を不安にする。車を運転するのはよしておきたい。
 昼前、修理に出すPcの引取がやってくる。さらば相棒(4ヶ月くらいの付き合いだったが)。一週間くらいで戻ってきたらいいけど。むずかしいかな。このご時世だし、気長に待つ。
 半身浴をしながらチョ・ナムジュ『82年生まれ、キム・ジヨン』をKindleで読む。一日15~30分くらいずつちんたら読んでて、70%くらいまで。なんか、これいうと誤解を招きそうだが、Twitterに投稿されるエピソードの集積みたいな感じを覚える。女性の生きづらさをめぐる半匿名のエピソードたちが束ねられているような。日付も年号も固有名詞もはっきり出てくるにもかかわらず(表紙のイラストレーションが示唆するように)顔がないような。それはこれがキム・ジヨン自身の語りではなく、キム・ジヨンを診察する医師の聞き書きという形式によるところが大きいだろう。いたるところに挟まれた注釈が、この顔のなさに奇妙な具体性を与えていく。どのエピソードもかなりしんどいものばかりだ。それが「あるひとりの人物の固有な体験」ではなく、むしろ集合的な経験(卑近な言葉で言えば「あるある」)になっていく。これなんなんだろうな、と思った。気に入った(好ましい感情をおこすとは限らない、怒りに近いものもある)部分にマークしていくと際限なくなった。これ最後までいくとどうなるんだろう。
 政府がCOVID-19収束後の経済活性に向けた施策としてクーポンを出すのはまだまあ百歩譲っていい(いまいうことじゃねえだろ、という最大のツッコミはもうみんなしてるし)のだが、そのネーミングセンスが「Go To Travel」とか「Go To Eat」とか、なぜか命令形の、中学生が考えたみたいな感じなのが解せない。
 ジョン・カーペンターの映画「ゼイリブ」には、サングラスをかけるといっけん感じの良い広告や雑誌の記事、テレビ番組なんかに隠された真のメッセージ――従え(obey)、消費しろ(consume)、結婚して子供をつくれ(marry and produce)――が見えてくる、という風刺的な設定がある。視覚的にもインパクトがあってミーム化しているが、今の世の中はもはやサングラスなしに「外食しろ」「旅行に行け」「経済をまわせ」というメッセージがあたかも”よきこと”や”真理”のように流通している。なんなら国がそれに加担するのだから凄い話だ。
 消費という享楽をそれ自体として肯定できず、なんらかの大義をかざしたくなる気持ちはわかるが、そこでかざされる大義が「経済を回せ」であることに心底嫌気がさす。「食べて応援」や「買って応援」「行って応援」みたいな3.11以後のスローガンはすべてそれだし、おたくが誇らしげに「コミケの経済効果」とか「アニメ・マンガの市場規模」を持ち出しておたくカルチャーの優位性を説く姿もまたそれである。
 きょうは夕方くらいに体力の限界がきて、寝た。お昼寝くらいのつもりが日付を超えてしまった。なんだかなぁ。ネルノダを飲んで寝直す。

Leave a Comment

4.2-4.3

4.2

[この日付は欠番だ]

4.3

 きのうは日記を書いていなかったようだ。きょうも書いているのは夜も更けてから。朝何時に起きたっけ。いや、1時くらいに寝て4時ごろ起きて、ああきょうもまた眠れなかった、と暗い気持ちになったのを覚えている。昼にはそれを取りもどそうと昼寝もしたが、それも1時間よりは寝たが、2時間もいかないほどであった。
 こうして眠りが短いのがつづくと倦怠感がものすごくなってくる。ずっしりと目の奥が重くなって思考が微妙に鈍くなる。仕事が手に付かない。
 仕事、といっても目下締め切りのある仕事はなく(3月中目安で~と言っていた案件もあるが、期日をはっきり決めていないので、のびのびになっている)、AWAの公式アカウントとして好きな曲のコメントを書いていく、という案件だけ、目下の仕事といえば仕事。とはいえ、「この曲について書いてくれ」みたいな指定なく、好きな曲とかアルバムとかミュージシャンにAWAのコメント機能で短い評を寄せるって話で、仕事っぽくはない。この機能がもともと気になっていたところだったこともあって、引き受けた。
 AWAはスマホで使うかぎり結構良いUIで、正直Apple MusicやSpotifyよりも良いと思う。しかしPCアプリがあんまよくないかな。カタログも、特に海外のものは「あ、これはないか」ってのがちょくちょく。微妙なところですな。でもコメント機能は良いです、お話好きかつ音楽好きの人はやったらハマりそう。サブスクをSNS的に使うのは🍎でもSpotifyでもあるけれど(いまこのひとはこれ聴いてます、とか)、そこにはっきり「言葉」を持ち込んだのは偉い。まあ🍎だとライターさんがすげぇしっかりした解説つけてるけど。
 そういえば、昨日はメインのX395に棚の荷物が落下して液晶が大破したのだった。外部ディスプレイを使ってふつうに作業できるからいいんだけど、このご時世修理に時間がかかりそうで不安だ。Instagramで破壊報告したらIn the blue shirtアリムラ氏からパーツ買って自分で換装してはとサジェストしてもらう。うーん、パーツが手に入るならもしかしたらそれがいいのか。だって「修理にだして2週間戻ってきません」とかなったら最悪だからねぇ。
 予備のラップトップあるんで、仕事自体は多分できるんだけどね。
 きょう聴いた新譜については明日書こう。NNAMDIすばらしかったよ。

Leave a Comment

3.30-4.1

3.30

 4時起き。まただ。二度寝できなかった。[見返したらここで終わってる…]

3.31

[この日付は欠番だ]

4.1

 5時起きだったかな。まだまだ暗かった。きのうつくって小分けして冷凍しておいた茹で鶏を解凍して玉ねぎとあわせ、バルサミコのドレッシングであえる。それをバゲットに挟んで朝食にした。
 お昼は、同じく茹で鶏をつかってチキンライスをたくさんつくり、一部は冷凍して、オムライスに……するつもりが、使い慣れていないフライパンだったのでオムレツがうまくできずに、スクランブルエッグが乗ったチキンライスができた。いや、事実上のオムライスなんだけど、オムではないよね。
 デスクまわりの機材を整理する。ハード機材は正直もう処分してもいいのかなと思うが、トーフにもらったQY300もまた使い込んでないし、いろいろと迷う。とか言いつつ、夕方、TB303をシミュレートしたVSTでは評判がえらく良いABL3を購入してしまった。やっぱソフトがとりまわし楽ですよ。。。
 Twitterでたわむれに #このアウトロがヤバい選手権 というハッシュタグをつくったら、うっすら広まっていて面白い。アウトロというのは「曲全体を聴く」という経験と密接に結びついているから、挙げられている曲をチェックするとなればおのずと通して聞くことになる。そこがちょっとおもしろいかなと思う。

 夜、姫乃さんとのポッドキャストが配信される。トーフゲスト回、中編。思い出話やトーフのキャリアの話、音楽業界についてちょびっと、話しております。

Leave a Comment

3.29

 4時起き……。二度寝したらよかったが、できなかった。寝不足でめちゃくちゃ能率が悪いなか、ちょっとだけ加筆してくれと依頼があった原稿をなおす。つづいて、きのうつくった曲にタイトルをつけて、v.o.c.に送る。タイトルって思いついたときにメモったほうがいいね。こういうときにこまる。
 仕事するにも興が乗らず、本をちょいと読んだり、ラジオ聴いたり、昼寝を試みたりして過ごし、日が傾き出した。ようやく手元にある仕事が片付いたので、次の連載の初稿を書き出さないといけない。でも……そうかんたんに始められるものではない。
 Twitterで買い手を募っていたKORG monologue、フォロイーと話がついたのできのう発送し、きょう昼向こうに届いたようだ。paypalで料金のやりとりをした。これでABL3でも買ってしまおうかと考える。monologueは実質、疑似アシッドベースライン生成機にしていたので、VSTでやれるならそれにこしたことはない。

Anime & Seiyu Music Night | ラジオNIKKEI第1 | 2020/03/27/金 19:00-19:30 http://radiko.jp/share/?sid=RN1&t=20200327190000

 Taku Inoueづくしの30分。名曲しかかからない。あれ、この日記載るころにはタイムフリー終わってるか? リピートあるらしいです、4月に。

 山村響さんのニューシングルかなり良さそう。上田麗奈『Empathy』、早見沙織「シスターシティーズ」と声優アーティストの良作が連発されているが山村さんもいいぞ。

Leave a Comment

3.28

 1時くらいに寝たのに、4時半くらいに起きてしまった。なんとなく寝る気がせず起き出して、メールしたり、Twitterチェックしたり。

 Sam Gendel『Satin Doll』かなり奇怪だがクセになる作品で、エレクトロニックなのに呼吸が感じられる独特の質感が、スムースさに流れていきそうなそっけない楽曲にただならぬオーラを与えている。

 Duck Sauce新譜、大ネタをファンキーなフィルターハウスに仕上げるかれららしいスタイルで、横綱相撲。Smiley Faceの大団円っぷりに笑う。
 日中、v.o.c.の不要不急JUKEコンピに応募するために曲をつくる。Renoiseを立ち上げて、Kai Shaperで波形を生成してコードやメロを打ち込む。ドラムなどのサンプルは手持ちのものかSplice。カットアップ的にタイムライン上に素材を配置していく場合はやはりStudio Oneとか一般的なDAWのほうがいいのだろうが、サンプルエディットの自由度の高さやコマンド主体の打ち込み、サンプルとインストゥルメントの境界線のなさがおもしろくて、やっぱりトラッカーは良い。2曲できた。どっちも送ろうっと。
 夕方、なんとなく熱を測ると(気づいたときに検温してる)なんと38度超えてた。なんで?! と思ったが、1,2時間すると36度台に戻っていた。この体温計が悪いのか?

Leave a Comment

3.26-27

3.26

 6時起き。なんか午前中ずっと微妙に調子悪く(いや、ここ一ヶ月くらいそうなんだけど)、顔がめちゃくちゃ凝っている。顔をうまく脱力すると自分のもともとの顔がいかに歪んでいるかがわかる。軽い内斜視、左右の目の大きさ(開き方)、かみ合わせ、頬の位置。
 締め切りが明日の原稿があるので、仕事を進めるのだが、なんともうまくいかず、寝てしまう。顔なんだよな。顔……あと肩。
 とか言ってたらTwitterで高野雀さんに拭き取り化粧水をがんがんにおすすめされた。お肌、最近マジでぼろぼろなので、もちもちにしたい。すべすべに。

3.27

 6時起き。寝たの2時とかなんで辛い。でも二度寝なかなかできない。とりあえず懸案の原稿を送り、きょうが締切日なので無事送信。と思ったら締め切り、25日だった。なにと勘違いしてたんだよ! 2日遅れだったけどもまだ催促なかったので気づいてなかった……。ほんと、これはどうかと思う。しきりに反省する。
 ちょっと読書して、ちんたら過ごす。お昼、拭き取り化粧水を買いにドラッグストアへ。コットンはやすいの見つけたけどいい化粧水がわからなくて、っていうかそもそも棚の見方すらわからず、目に入ったオードムーゲの拭き取り化粧水を買った。ついでにダンボールをリサイクルボックスにぶち込む。
 帰りがけに、ティッシュを切らしてしまったのを思い出し、ホームセンターに寄ると、こないだまでの品薄ってなんだったんだろうってくらい潤沢に在庫がある。購入制限もない。かといって買い占めしてる人もいない。ちなみに向かいのスーパーやドラッグストアはやや入荷数が少ないらしく、購入制限があった。
 家に帰ると文藝別冊ケンドリック・ラマーが届いていた。「フロウとペルソナ ケンドリック・ラマーにおける(複数の)フロウ」を寄せております。リズムとライムとテクスチャ―を包括的に扱う概念としての「フロウ」について考えつつケンドリック・ラマーのラップを分析、みたいな感じです。
 枕も届いていた。なんか、安い枕をつかっていたら中身が変に寄ってしまってうまく眠れなくなっていた。これ幸いとばかり寝てみる。すると思いの外ぐっすり眠ってしまい、起きたら19時だった。
 姫乃たまさんとのポッドキャスト、「TALK LIKE BEATS」が公開になった。初回ゲストはトーフビーツ。不甲斐ない自分の喋りをおしゃべりモンスターのトーフとまわしのスキルに定評のある姫乃さんがかろうじてかたちにする、なんともお恥ずかしいトークになっていますが、ご笑覧(覧っていうか、聴く、だけど)ください。。。次のゲスト企画も動いてます。

Leave a Comment

3.25

 5時起き。きょうは二度寝チャレンジ失敗。かわりに猫とだらだらした。朝ごはんがわりに自家製のヨーグルトを牛乳で割って飲み、仕事する。ちょっと進んだので、サウナ入りに温泉へ。いつものルーティーンを変えた(サウナ→水風呂×3で仕上げに外気浴、から、サウナ水風呂外気浴休憩のコンボを3回)ら、すーごい整い方した。サウナに何分入るとか水風呂に何秒はいるとかよりも、外気浴ふくめ休息をどれくらいしっかりとるかなんだなーとしみじみ思った。
 帰り、本屋で早見沙織「シスターシティーズ」ゲットしようとしたが入荷なし。じゃあ、Amazonかね。と思ったらAmazonにも在庫なし。タワーにもHMVにもない! メイトやゲマズには在庫あったけど送料あるので、他に買うものあるタイミングにしたい…… というわけでCD購入は保留。
 部屋に戻ってサブスクで「シスターシティーズ」聴きましたがこれはほんとに10点満点のレベル。

 5曲それぞれ別の作家が作編曲(作詞は早見さん)していてバラエティに富んでいる。どれもクオリティが高いし、「この人がこういう曲を?!」という驚きもある。それだけでもまあ素晴らしいのだが、多分作家の人らとコミュニケーションとって、かつあがってきた曲に対する早見さんの解釈も抜群、というのが感じられた。統一感がすごいのよね。ばらばらさがかえって5曲のEPを濃密なオムニバスのごとく機能させている。『JUNCTION』も素晴らしかったが、本作はまた違うベクトルで素晴らしい。全曲残らず良い。
 午後、スーパーで買ってきた菓子パンやスナックをどか食いしてしまい、さらに爆睡。ほんと、不健康。すぐ死ぬぞこんなんやってたら。と思う。あと部屋が最近汚い。棚の整理が中途半端なので資料や機材が床にころがっている……なんとかしよう。

Leave a Comment

3.22-24

3.22

 5時ごろ起き、なんかだらだらし、6時過ぎたくらいに突然ハンバーグをつくりだす。といっても焼く前のタネの時点で成形して冷凍してしまう。冷たいひき肉をこねていたせいで右手がちょっとしもやけ気味だ。
 朝、仕事をほんとにちょっとだけ進めて、しかし体調が悪くてベッドへ。なんだかなにもうまくいかない。
 休んでいたらふと体調が楽になってきて、こころもすっと軽くなった。ここ2週間ほどほんとうに体調が悪くて、かつメンタルもかなり抑うつ状態に入っていたので、なんだか日陰から突然ひだまりに入ったみたいな感じがする。願わくばこの安定感がもうしばらく続いてくれれば。
 なんか、ほんとに体調悪いので仕事もいくつか断ってしまっていて、それがまた抑うつに拍車をかけていたのだが、ここから3月ぶん、挽回できればいいな。そんなにこんつめないていどに。。。

3.23

 また5時ごろ起きる。なんつーか、7時とか8時くらいまでねれないもんかね? なんだかんだで起きて活動はじめちゃうんだよ。
 体調もいい加減、まあ、よくなってきている。原稿を進める。資料がてらにいろいろ聴いて、ふーん、おもしろい! なめたらあかんな。などと思う。

3.24

 5時ごろ起きる…が、二度寝に成功、7時に起きる。これでなんとなくわかったが、体調の悪さ、やっぱ睡眠不足よ。
 原稿を進める。きょう締め切りのが一本。2000字なのですぐに埋まってしまいそうなところ、ピースがうまくはまらずにめちゃくちゃ悩んでいる。ぎりぎりまで悩むかも。うーん。
 お昼、サバ缶とトマト缶でソースをつくってパスタを食べる。しょっからくしすぎてしまった。親が(多分母親)培養した自家製ヨーグルトがあって飲んでみたんだけどちょっと酸っぱすぎる。牛乳で割って甘味料を加えたら飲めた。いやむしろ美味い。コスパはいかほどだろう。あと品質。しばらくのんでみよーっと
 昼下がりにどーしても眠くなって寝てしまう。起きると18時ちょい前。まずい!
 ちなみにここしばらくこまめに検温して記録している。ほぼ平熱だが午後~夕方に微熱がちょっと出るのを繰り返していて、なんなんだろうと思っていたが、きょうはいまのところ平熱。体調復活まではあと一歩かな? 休養第一でやっております。。。
 最近、原稿のためにヒトリエ、KEYTALK、KANA-BOONを延々聴いているのだが、ヒトリエに抜群にハマっている。初期からもう完成されてて、ひたすら洗練って感じなんだよな。ボカロ文脈もあってか、ここからずとまよやヨルシカまでの地続き感がある。

Leave a Comment