Skip to content →

3.13

3.13

 朝起きて父親に耳鼻科に連れて行ってもらう。待合で問診票書きながら熱測ったら37.6。だいぶ出てるが、なんでだ??? と混乱しながら診察されたが、おそらく気圧の関係で内耳がおかしくなってんだろうという話で終わる。熱、なんだろう。割と元気なのだが。家に帰って仕事して、ああ、これこそ熱出てきたね、と思って測ったら、36.8。平熱でやんの。もうわけがわからない。
 お昼に親子丼をつくって食べる。玉ねぎを焦がしてしまった。七味を入れたらよかった。などと思いながら完食。また仕事。原稿を2本あげる。とりあえず今日のタスクは最低限完了したのでぼんやりする。してしまう。
 夕方、King KruleのMan Alive!にいたく感動する。The Oozも結構好きだったけど今作はもっと聴き込めそう。こいつ歌が上手いぞ。ITZYのEPも素晴らしい出来だった、SOPHIE提供曲もいいが全部良い。

 あと、いよいよ本日リリースされたMoment Joon『Passport & Garcon』。1月4日の「(J)POP2020」では2020年代を担うだろうミュージシャンとしてMoment Joonを挙げたのだが、それは元日に公開されたTENO HIRAを受けてのものだった。あの曲ひとつだけでも(彼がものした小説やエッセイを含めて、というべきかもしれないが)「あなたは私と一緒に歌えるか、てのひらを見せてくれるか」とこちらに問いかけてくるシリアスさがあったが、『Passport & Garcon』のラストシーンとして鳴るTENO HIRAはまた異なる強さを獲得していたように思う。このアルバムはリスナーに、スカッとするパンチラインを抜粋してツイートするかわりに、より真摯にこの表現に、物語に向き合うことを(きわめて正当に!)求める。リスナーがこのアルバムをどう評価するかと同じくらい、それにどう応えるかも重要だ。

Published in Japanese