Skip to content →

3.11-12

3.11

[この日付は欠番だ]

3.12

 生活上書くことは特にない。特にSNSで顕著だが別にろくにもの考えてるわけじゃないのに雰囲気にのっかって肩すくめたり呆れてみせたりする奴クソくだらねえと思うけどそれを言うと「おっ トーンポリシング野郎ですか? 怒りも尊い感情ですが?」みたいに冷ややかに見られるんだよね。キーワードマッチングかよくてパターン認識程度でしか文を読んでなさそうな人がもっともらしく「やれやれ、怒りをくさすタイプの冷笑の人か」と言うの(もっと現実的には「そっ閉じ」とか言う)、ぞっとする。恐ろしくなる。SNS上での認識の負荷を軽減するためには合理的な選択だろうが、いつしかそれが内面化されて自分のポジション確認のポール程度になっている。
 聴力に影響がある感じはしない(いまのところ聴き取れない帯域もないし、遠く聞こえる感じもない)のだが、耳抜きを失敗したときみたいな違和感がずっと続いていて、それがなんだか微熱と連動している気がする。「聴こえない」不安はないのだが「ゆくゆく聴こえなくなるのでは」という不安がある。父親にこのあたりの耳鼻科について聞いたら、通っている医院を教えてくれた。寒河江にあるというので若干遠そうなのだがいい医者らしい。

 洲崎西、2週分溜めてしまっていたのを聴く。関口理咲さん(デレマスの白雪千夜役)がぺっちゃんガチ勢で年末の「ご報告」にじゃっかん凹んだという話、笑った。じつは自分もあまりうまく立ち直っていない。「推し」の「結婚」というのは難しい。自分とはなんも関係ない人なのに。そういう好きじゃないと思ってたんだけどいろいろ複雑なんや。

Published in Japanese