Skip to content →

3.9-10

3.9

 体調はずっと悪い。朝何時に起きたかな。忘れてしまった。読書も手につかず、まして書き物もとりかかれず、疲労困憊、満身創痍。せめて新譜だけでもチェックしようとNew Music FridayとRelease Radarを聴く。2月リリースのSega Bodegaのアルバムを聴いてなかったことに気づいてそっちも聴く。なんだか最近だれもかれもノスタルジーだなと思っていたところ、ちゃんと今の音に取り組んでいる人っているよな、当たり前だけど、と思って、しみじみ聴いた。内容はしみじみする感じでは必ずしもない。スウィートだがひりついた、ポップス。

 しかしきょうはなにかおかしいな、と思って熱を測ったら7.7ほどまで上がっていた。うげぇ。ここ2日くらい平熱だったから油断していたが……。その後、えいやっと寝込んでしまった。起きてまた測ると平熱に戻っていた。なんなんだか。
 さきごろのキャンペーンでWANのサポーターになったので上野千鶴子から署名入りのメッセージが届いた。赤い封筒で差出人に「上野千鶴子」とあるとなかなかビビる。当時は「えいやっ」と思ってちょこっとだけ寄付した(ほんとにちょこっと)が、他にも寄付できる先はあるかなぁ。たとえばトランスジェンダー支援の団体に小口で寄付できると嬉しいが。調べるか。

3.10

 朝は平熱、ぴんぴん(ただし体力はゼロ)で、まあやっていけるかなと思ったが、昼ごろには体温がまた7.7くらいまで上がっていて、無理したらよくなさそう、と思い午後を寝潰す。19時くらいに目が覚めて体温を測ると6.5くらいで問題なく、しかし昼寝しすぎたときにあるあるの、軽い脱水症状で倦怠感と頭痛があるやつになっていた。
 文藝別冊ケンドリック・ラマー、寄稿しており、目次とかは出ていないがきょうウェブ見たら書影が出ていた。文藝別冊でケンドリック・ラマーってのも凄いが、そこにおれがいるのはわけがわからない。『リズムから考えるJ-POP史』を読んで依頼してくださったといい、実際寄せた原稿もリズムというかフロウの話をしているのだが、どう読まれるのかわからない。しかし思えばおれはいつだって「これ、どう読まれるんだろう?」というのを不安に思いながら書いている。

Published in Japanese